舌側矯正(裏側矯正)について

裏側矯正をしている写真 表からは矯正装置が見えません

舌側矯正(裏側矯正)は、歯の裏側に矯正装置をつけて歯の移動を行う方式です。
表側に装置をつける表側矯正(唇側矯正)と違い、表からみても矯正装置が見えないのが特徴です。
そのため、審美性に優れ、心理的なストレスも減るため、特に成人矯正においては裏側矯正を選ぶ方が多くみられます。

表側の矯正に比べ治療期間が長くなると言われていますが、熟練した医師が担当すれば治療期間に違いはありません。
また、咬み合わせの深い症例では、裏側矯正のバイトプレーン効果により効果的な治療が可能なため、表側より早期に完了するケースがあります。症例によっては裏側矯正の方がよい結果を出せる可能性が、一般的な矯正に比べて矯正機能が劣ることはありません。


裏側矯正のメリット

  • ・審美性にすぐれている
    (装置をつけていることが周りに知られない)
  • ・心理的ストレスが軽減される
  • ・表側へのブラケットの装着が困難な症例において、代用または補助装置として用いることができる
  • ・治療中に口唇の唇舌的位置を正確にみながら治療することができる
  • ・保定装置として継続使用がしやすい
  • ・スポーツなどの外傷の危険性が少ない
  • ・表側装置が邪魔になる楽器にも適する

裏側矯正のデメリット

  • ・装着初期において、発音障害や違和感が生じる
  • ・プラークコントロールが難しく、歯肉炎が発生しやすい
  • ・装置・技工の費用が高くなるため、表側と比較して高額

部分矯正とは

気になるところだけ治したい、時間と費用が心配… 必要な部分だけに装置をつける部分矯正

部分矯正は、以前は補助的な矯正治療の意味合いが強いものでした。しかし、近年では前歯の叢生や、八重歯、反対咬合、すきっ歯などを、前歯だけの部分矯正で治す治療が一般的になってきています。成人症例の増加に伴って、抜歯をせずに、気になるところだけを短期間で低料金で治すことができる、患者のメリットの大きい治療となっています。
部分矯正では抜歯の代わりに、大きい歯を薄く削りスペースをつくります。(痛くない範囲で削ります)

部分矯正の特徴は下記の通りです。

費用が安い:全体矯正の約1/3~1/2程度の費用です。見た目の改善が早い:半年程で見た目は良くなってきます。治療期間が短い:部分矯正は約一年で治療が完了、装置をはずすことができます。