CLIPPY-Lの特徴

セルフライゲーション・システムとCLIPPY-L

小型舌側矯正装置クリッピーL

クリッピーLの最大の特徴は、クリッピーLがセルフ・ライゲーション・ システム(オートマチック結紮)を持つことにあります。
セルフライゲーションブラケットとは、従来のブラケットのようにワイヤーとブラケットを、ゴムや結紮線((細い金属線)で固定しないで治療を行えるのが特徴です。このシステムはフリクション・フリーといわれ、矯正用ワイヤーと矯正装置との摩擦が最小限に抑えられるために、理想的な生理的矯正力がかけ易く、歯周組織と調和した効率的な歯の移動が可能になります。
このため、痛みが少なく、治療期間が短縮されます。 また、このメカニクッスにより、前歯の後方(舌側)への移動もスムーズに効率的に行うことが可能になり、矯正治療最終段階でも歯の整直も確実に行うことができるのです。

セルフ・ライゲーション・システムを持つ矯正装置は他にもありますが、クリッピーLは矯正治療の全過程を通して、それぞれの治療過程に適した歯の移動を可能にします。
クリッピーLは現在ある舌側装置の中では最も優れた装置といえるでしょう。

効率的な歯の移動が可能で、超弾性合金ワイヤーの特性を最大化
成人矯正には、病理的変化を起こさない生理的な歯の移動様式が必要とされます。
新素材矯正用ワイヤーGUMMETALとセルフ・ライゲーション・システムを持つCLIPPY-Lのコンビネーション・メカニックスにて、矯正治療の全過程を通して、それぞれの治療過程に適した効率的な歯の移動を可能にします。
治療期間が短縮される
クリッピーLと超弾性合金ワイヤーを組み合わせて使用すると、長期間にわたって持続的な矯正力と効果を発揮するため、アライメント&レベリングの時間短縮、スペースクロージングの治療時間の短縮が可能です。
痛みが少なく、快適である
ワイヤーとブラケットの間に生じる摩擦力が小さいほど、歯は動き易くなります。弱い力で効率的な歯の動きが可能なため、痛みが少なく、従来の矯正装置に比べて快適です。
感染防護に有利で、歯周組織にやさしい
装置自身の清掃性が良いこと、また、生物学的に適切な力で矯正できるため、歯周組織への為害作用が少なくなります。

治療ステップ

クリッピーLの治療ステップ

治療ステップ毎の歯の動き